SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

bolero design

原宿のヘアサロン ボレロのブログです。
<< HP 秋のヘアカタがアップしました | main | 10月のお休み >>
トリエンナーレがboreloの取り柄になーれ!!
こんにちは。
お待たせしました。

久しぶりに書きます。

帰ってきた王子です。









まだ暑い日が続きますが、少しずつ秋への移り変わりを感じる季節になってきましたね。

朝、夜は涼しくなり、ススキや秋の食材も目にするようになってきました。

人の気持ちを飽きさせない。

それが秋です。








さぁさぁ、本題に入りましょう。

お客様方には、全然告知をせずにすみません。

今年も社員旅行に行ってきました。

ジャジャーン!!




『大地の芸術祭 越後妻有 (新潟県十日町) アート トリエンナーレ 2012』








アートの旅です!!

日にちが決まったのも10日前。

すぐさま当日のプランを立て、旅のしおりも作成。

なので、お客様方になかなかお知らせする事ができませんでした。



ですが、安心してください。

微笑んでしまう、そんな旅のレポートをします!











トリエンナーレとは?



3年に1度、越後妻有全域で繰り広げられ、

農村集落にアートが点在し、棚田や萱葺きの古民家など、

里山風景と共存する。

そんなアートの祭典です。





忘れもしない1年前。

山形旅行。

雨で始まり、台風に襲撃され、宇都宮の餃子で終わる。

そんな1年前。

(旅の詳細は山形旅行〜2011〜にて)

あれから、お天気には敏感になったbolero一同。


さーて、今年の天気予報はどうかな?


ガーーーン。



1日目 雨

2日目 雨



前後は晴れ。



oh,oh,oh

korewa komarimashita.







なんて、天気に恵まれないんだ。

諦め半分の中、当日の早朝。

東京は綺麗な朝焼け。

玄関先で思わず笑みが。

そして、スキップ。



東京駅を出発し、1時間30分弱で越後湯沢に到着。


おぉーー。


最高の天気。



hikariga  mabushiizo !!



まずは、十日町にある里山現代美術館へ。

それでもまだ9時。

2時間で着いてしまうのです。

今からお店に戻っても営業時間にまだ間に合う。

そんなバカな事はしませんが、

意外と近い。







里山現代美術館。

通称(キナーレ)



キナーレだけにボクに着いて、

来なーーーれ!!








さぁさぁ、変な事を言ってる人は、おいていきましょう。



メインはこれです!





16トンもの古着を使いクレーンで次々に古着をつかんでは、
頂上に落としていく。
バックには心臓の鼓動音が流れている。


時が止まるような空間に圧倒され、

ここで4人俳句を詠み合いました。







ayakoさんのがナイスなので公表します。



       『 心音の

               流るる音に 
                   
                        時止まる 』






いかがでしょう?


ボクが詠んだわけではないのですが、誇らしくなります。









そして、待ちに待ったお昼ご飯です。

新潟といえば、へぎそば!!

そして、お昼からビール。

なんて幸せな・・・。




   









午後は3時間主要コースを廻る、観タクン (観光タクシー) にお世話になります。









絵本と木の実の美術館

棚田

脱皮する家

農舞台













見て下さい、この田園風景。









ここは脱皮する家。

家の隅から隅まで彫刻が施してあり、

超、酷な・・・超、酷な作業です。











あの、草間やよいさんの作品もここにあります。

印象的なドット柄の多数の作品に

エキセントリックなおかっぱ頭のおばちゃまです。

そして、ドット柄にちなんで・・・。

ドレスコードは、ドット柄です!












ドット柄に一同、思いがどっと込み上げる。












ふーっ。

親父ギャグ連発しました。

疲れましたので、お宿に。


雲海さんにお世話になります。


標高400メートル。








露天風呂の眺望は最高です。

夜は満天の星空に、瞬く星。

そして、流れ星。

朝は、雲海を見下ろしながら湯に浸かる。





いやぁ、1日目天気にも恵まれ・・・出来すぎだったかなぁ。


気分良くまた次の日を迎えました。




魂こもった作品に終始圧倒されていた銀河さん。

それ以上にお米の美味しさにビックリしていたのも印象的でした。



「さすが!!米どころ!!」


そんな言葉が頭から離れません。








和美人のemiさん、綾子さん。

とにかくアクティブに活発的でした!!


作品以上にエネルギーを感じる瞬間がありました。


星振る王子、負けていられません。
















いかがでしたか?


このアートの旅を通して、あーーーーッと驚く作品に沢山触れました。




             『大地の芸術祭』





大地といわれるだけあって、自然とは違うパワーと迫力。


壮大さを感じました。


ボクの中では、壮大な大地の中にエネルギーに満ちた

モニュメント、作品、家屋が展在し、


ドラゴンクエストの世界を冒険しているかのような気分でした。


まるで、勇者になったかのようなワクワクの気分。


エネルギーの感じるモノって、

計り知れないほどの熱量が注ぎ込まれているのだなと感じます。


もっとパワフルに、

もっとエネルギッシュに、

もっと輝きを増して。



トリエンナーレが、ボクたちの





『取り柄になーれ!!』




そんな魔法を唱えて、


残りの2012年を過ごして行きたいものです。



少しずつ秋の涼しい風が流れていますね。


皆様に綺麗な綺麗な秋冬の魔法をご用意してお待ちしています。







| OJI 2012 | 20:08 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
こんにちは。
アートな旅、楽しく読ませていただきました。トリエンナーレはじめて知りました。
写真もすごくキレイですね。俳句なんてすごいです。10月に伺うのを楽しみにしています。
| m.o | 2012/09/24 6:24 PM |

m.oさん、コメントありがとうございます!!

大地の壮大さは圧巻でした。
そして、沢山の刺激を受けてきましたよ。


また、詳しくお話させてください。
楽しみにしてお待ちしています。
| 王子 | 2012/09/26 12:38 PM |

先日はお世話になりました♪
王子、ピンクのヅラ超プリティ☆写真採用されてヨカッタね!!
あおちゃんとの2ショットがなんとも言えず、キュンとしました。
トリエンナーレ!!!やっぱり行ってみたい!!
抜けるような青空と、素敵な作品と、美男美女と…親父ギャグ。
最高に楽しませてもらいました☆
| きくりん | 2012/09/27 10:22 PM |

きくえさん、コメントありがとうございます。

やりましたよ!なんとか採用されました。

あおちゃんとのツーショットいいですよね?
完全にあおちゃんに引かれています。

ぜひ、芸術祭はオススメですよ!
次は直島で季節毎に開催されるみたいなので、
ぜひぜひ。

これからも親父ギャグに磨きをかけて、親父王子でいられたらと思います!

いつも貴重なお時間を割いてご来店頂きありがとうございます!
また次回、楽しみにしています!

| 王子 | 2012/09/29 1:51 AM |

ボルタンスキー羨ましいです!私も見たかった〜。彼は遺品貯蔵室のほうが美術館よりよっぽど美しさを感じる、というようなことを読んだことがあります。写真見れてよかったです*ありがとうございます。

そして報告があります。金澤ファッションコンペティション2012、ゲスト審査員賞(3位、賞金20万円)受賞しました。ゲスト審査員はスタイリストの島津由行さんで、私の作品と私の雰囲気を含めてコンセプチュアルなところを評価してくださったようでした。作品はほとんど納得のいくものではなかったので、それでも受賞できたのは私の雰囲気づくりをサポートしてくださったボレロさんのお力添えのおかげです。本当にありがとうございました。
これからもがんばります。
| yuuimurakami | 2012/10/08 10:11 AM |

yuuiちゃん、コメントありがとう!
そして特別賞、おめでとう〜!

自分の評価より人の評価ってよく言うけど、少しでも人に
何かを感じてもらえるものが発表できたのであれば、糧になるね。

これからもお互いがんばろうね。

また待ってます!
| ginga | 2012/10/12 1:31 PM |










http://blog.bolero-design.jp/trackback/1555133